どんな会社にも「会計」が存在しますよね。会社の「会計」に携わる資格のトップといえるものが公認会計士です。どんな業務内容でどんな魅力があるのかを詳しく紹介していきたいと思います。

リファレンス★公認会計士 https://cpa-net.jp/

■公認会計士ってどんな仕事をするの?
公認会計士の業務は、監査や財務管理、経理などたくさんあります。会計のプロともいえる資格なので、国からも企業からも必要とされている大事な職業といえます。専門知識を使い、国内外、様々な場所で力を発揮することができます。企業での会計に関わる機能を評価する「内部統制監査」や、専門知識や経験を駆使して、企業の経営にアドバイスや指導を行うコンサルティングの仕事もあります。

企業から依頼があって、外部からサポートするイメージですね。一方、国際財務報告基準関連サービスといって、企業を内部から支ええる仕事もあります。登録さえすれば、税理士や行政書士なども業務も行えますから、その業務は多岐にわたるといえるでしょう。いろいろな活躍の場があるということで、就職先にも困りません。

また、公認会計士にしか許されていない「財務諸表監査」という独占業務もあるんですよ。

■公認会計士にのみ許された独占業務について
財務諸表監査は、第三者の目線で企業を判断するもので、企業の社会的信頼を左右するとても重要な業務です。一つの会社と、利害関係のある機関やひとは、財務諸表監査プロがしっかり行っているということで、その会社のことを信頼することができ、安心して取引ができるのです。

この仕組みから、公認会計士の独占業身は、日本経済を支えているといっても過言ではありません。

◆公認会計士として生きていくことのメリットについて考える
公認会計士は国家資格の中でも特に難関とされています。弁護士と医師と併せて、三大国家資格度呼ばれるほどです。資格を得るためにはたくさんの努力が必要ですが、とることができれば、高い社会的地位は約束されたといえるでしょう。会計のプロとして、幅広い分野で活躍することができるので、安定性のある職業であることは間違いありません。

公認会計士ってどんな仕事なの?まずはその疑問をしっかりと解決していきましょう

社会的にも多くの企業や機関から必要とされているので、就職先にも困りません。将来性や安定性だけでなく、収入の高さも魅力の一つです。平均年収は1000万円ととても高く、大企業の平均年収を大きく上回ります。勤務年数が長くなれば長くなるほど収入が高くなることから、国家試験に受かるのがはやければさらに有利になります。

実力勝負の世界なので、女性が力を発揮できる職業ということから女性に人気の資格ともいえます。収入面でも男女平等にチャンスが与えられますから、目指す女性も多いですし、女性会計士として、家庭と両立して活躍している人もたくさんいるんですよ。

■公認会計士は幅広いフィールドで活躍する一流の職業
公認会計士は幅広いフィールドで活躍する一流の職業といえます。業務内容も多岐にわたり、多くの企業や機関から必要とされているので、やりがいも見いだせるでしょう。三大難関国家資格ということで国家試験に合格するためには並大抵の努力ではかないませんが、資格を得ることができれば、社会的地位だけでなく、仕事としての安定性、高い収入、将来性などを約束されることになります。

資格を取るための学校もあり、無料セミナーや無料体験入学などもありますから、目指してみたいという意欲がある人は、学びの場を探してみることから始めてみてはいかがでしょうか。